税務調査の回避

焦る男性税理士の方に相続相談をする理由の中でも大きなポイントは、相続税についての知識がないという点です。税理士に相続相談をするメリットは多く存在します。その中でも特に覚えておいて欲しいのが、税務署からの税務調査を避ける事ができるという事です。この税務調査がどのような物なのかというと、相続をした方の中から30パーセント位の方が受ける調査で、主に納税額が大きい方、預貯金や株券口座などを持っている方などが選ばれやすくなっています。

この税務調査の注意すべき点は、税務調査を受けたほとんどの方が、納税内容を指摘されて追徴課税などに発展してしまうという事です。税務調査は、あらかじめ追加徴税を多く取れそうな方を絞って調査していきますので、税務調査が来たら納めた税金にプラスして税金を納める必要があるかもしれないと覚えておいたほうがいいでしょう。

税理士の方に相続相談をすると、納税する際にこれ以上税金を納める必要がないという書類を作ってもらう事ができます。税務署の方も、突っ込み所の無い書類に対しては指摘する事はできません。過去に相続相談をたくさん受けている実績のある税理士事務所に依頼することで、余計な追加徴税のリスクを大幅に減らす事ができます。つづいては相続相談の手順について説明していきます。