相続相談の手順

パソコン税理士への相続相談からの流れを理解しておくと、スムーズに事が運びますのでおすすめです。最初に税理士が行っている無料相談に申し込みます。ネットなどから申し込めますので簡単です。無料相談に参加し、現在の状況と相続内容などをわかる範囲で税理士に説明します。税理士の方は、相続内容などを把握した上で見積もりを出します。見積もりの金額に納得できたら依頼をします。

税理士の方が相続内容をチェックし、必要な書類を指示してくれますので、指示された書類を作成します。この書類の作成の仕方などは、税理士の方がきちんと説明してくれます。ある程度相続内容がまとまったら、財産目録を作成します。もし相続する人が複数いた場合には、遺産分割協議書や相続税申告書の作成をします。

書類の作成が完了したら、相続申告書を税務署に提出します。税務署に提出が終わったら、相続した内容を自分の名義に変更します。不動産や株券、会員権などあらゆる名義を変更して完了になります。相続する際には、色々な手続きが必要になります。相続する内容が多い場合や、金額が大きくなるような場合には、早めに税理士に相談を持ちかけるのがベストです。税理士の方に、しっかりと正しい相続内容の確認や、書類の作成を依頼するようにしてください。

関連情報相続相談をする_ソレイユ総合ナビ

税務調査の回避

焦る男性税理士の方に相続相談をする理由の中でも大きなポイントは、相続税についての知識がないという点です。税理士に相続相談をするメリットは多く存在します。その中でも特に覚えておいて欲しいのが、税務署からの税務調査を避ける事ができるという事です。この税務調査がどのような物なのかというと、相続をした方の中から30パーセント位の方が受ける調査で、主に納税額が大きい方、預貯金や株券口座などを持っている方などが選ばれやすくなっています。

この税務調査の注意すべき点は、税務調査を受けたほとんどの方が、納税内容を指摘されて追徴課税などに発展してしまうという事です。税務調査は、あらかじめ追加徴税を多く取れそうな方を絞って調査していきますので、税務調査が来たら納めた税金にプラスして税金を納める必要があるかもしれないと覚えておいたほうがいいでしょう。

税理士の方に相続相談をすると、納税する際にこれ以上税金を納める必要がないという書類を作ってもらう事ができます。税務署の方も、突っ込み所の無い書類に対しては指摘する事はできません。過去に相続相談をたくさん受けている実績のある税理士事務所に依頼することで、余計な追加徴税のリスクを大幅に減らす事ができます。つづいては相続相談の手順について説明していきます。

税理士に相談する理由

相続税は、非常に内容が難しい上に大きな金額が動きますので、相続に対する専門的な知識が無い限り、専門家に相談する必要があります。色々な状況がありますので一概には言えませんが、基本的には税理士に相続税を相談してアドバイスを貰うケースが一般的です。

相談税理士に依頼する内容の中には、節税対策などもあります。節税対策は非常に専門的な内容になっていますので、同じ相続税の相談先として人気のある税務署では、節税対策となると税務署に納められる税金が減ってしまうことにも繋がるため、税務署ではしっかりと対応してくれない可能性もありますので、この場合は税理士に相談した方が賢明でしょう。

また、相続税に関しては、色々な条件や相続内容が複雑に入り乱れている状況になります。遠く離れた故郷での相続問題となれば尚更です。きちんとした相続内容や相続税の金額を算出するには、時間と手間がかかってしまいます。税務署ではその場の相談になりますので、長期的な相談をする事は難しい部分があります。その点、税理士でしたら、依頼をしてしまえば、最初から最後まで全て面倒を見てもらう事も可能です。もちろん有料にはなりますが、お仕事などで忙しいという方は税理士に依頼するのをおすすめします。

相続相談をする相手

お金法改正によって、相続税を納める必要がある方が増えてきました。それに合わせて、相続税について何も分からない一般の方が、専門家にアドバイスを貰うために、色々な専門家に相談するようになりました。相続相談は、弁護士や司法書士、行政書士、信託銀行、税務署の担当者など色々とありますが、多くの方が頼りにしているのが税理士です。この税理士とはどのような職業の方なのかというと、基本的には税務に関する仕事を行っている専門家です。税理士は国家資格となっておりますので、誰でも簡単になれるという職業ではありません。相続税の相談に応じる以外にも、企業であったり個人事業主などの会計処理を代行していたり、税金を税務署に納めるために税務書類の作成を代行したり、最近増えている節税などの税務相談など、色々と税金に対するお仕事をしています。

税理士は、専門的な知識が必要な税の申告や節税対策、本人の代わりに税金の手続きなどを行ってくれます。忙しいという方にとっては頼りになる存在ですし、もちろんある程度お任せする事ができますので、相続税に対して何も知識がないという方でも安心して相続税を納める事ができます。
特に最近増えているのが、故郷のご両親が亡くなった時に相続をする時です。故郷までの距離が遠い場合には、頻繁に帰省する事もできませんので、現地でしっかりと安心して全てをお任せする事ができる税理士さんの存在が非常に助かるのです。相続する内容が色々と判断が難しい場合なども、専門的な知識によってしっかりと適切に対処してもらう事ができます。

相続というのは、人生においてそう何度もある事ではありません。そのため、いざ相続をして相続税を支払わなければいけなくなってしまった際、パニックになってしまう方もいます。そこでこちらのページでは、相続税を納める時に頼りになる税理士についての情報を紹介します。